TOP >  ニュース・特集 >  微細な流路への細胞パッケージング

プレスリリース

微細な流路への細胞パッケージング

「貼って付ける」から「付けて貼る」へ

2017年9月28日
「付けて貼る」ガラス製マイクロ流体チップの概要

マイクロ流体チップは、掌サイズの基板上に指紋サイズの極めて微細な流路を集積した器具で、少量の細胞や試薬で実験が行え、また、分析時間の短縮が可能なので、化学・生物実験の効率化に貢献することが期待されています。

しかし、流路は閉空間であるため、細胞や生体分子を流路内の所定の位置へ定着させることは難しく、実用には壁がありました。

そこで、QBiC集積バイオデバイス研究ユニットの船野 俊一特別研究員らは、細胞や生体分子をガラス板の所定位置に定着させた後、ガラス板を常温で表面処理し、加圧により貼り合わせて流路形成する手法を開発しました。その結果、複数種類の細胞や生体分子の機能を維持したまま、1本の微細流路内に区画定着できることを確認しました。


  1. S. Funano, N. Ota, A. Sato, and Y. Tanaka, "A method of packaging molecule/cell-patterns in an open space into a glass microfluidic channel by combining pressure-based low/room temperature bonding and fluorosilane patterning" Chemical Communications doi: 10.1039/c7cc04744d